BMW 525i モデルコード:E60のスペアキー作成のご依頼です。都内某所のタワーマンション地下駐車場での作業となります。

BMW 5シリーズ (E60)

なんかここ数日で一気に気温が上がっている気がします。まだ身体が猛暑に対応できる身体になってませんので非常にキツイ…日向での作業はサウナで息を吸ってる感覚ですもんね😓毎日外で作業をしているガテン系の人達は本当に凄いと思います💦

ジリジリとした日差しの中での作業を避けるためにお客様が地下駐車場のロータリーの来客者用スペースを確保して下さいました🙇‍♂️

車内の気温がグングン上がることもありませんのでとっても助かります✨が、しかし搬入業者のトラックの出入りが多いせいか排気ガスが停滞し熱く重たい空気となって襲ってきます🤮

送風機で空気の循環ができれば良いのでしょうが、それは僕のワガママです(笑)さぁ今回は5シリーズ(E60)のスペアキー作成ですのでチャチャっと終わらせましょう♪

スペアキー作成

電子キーをスロットに差し込んでプッシュボタンでエンジン始動。石は2K79Xです。

メカニカルキー作成

電子キーの脇に刺さっている緊急用のドア鍵は純正キーからデータを取ってコンピュータキーマシンで自動カットしていきます。

スペアキーだとこの辺を気にしないでできるのが楽ですね。とはいえ今装備している機材でもCASから鍵番号を抜けるのでメカニカルキーの作成もさほど時間はかかりません。

CASコンピュータの取り外し

コンピュータキーマシンで自動で鍵を削っている間に同時進行でCASコンピュータを外していきます。この作業は鍵タイプでも電子キータイプでも同じ作業となります。

※車輌付近に100Vコンセントがあり安定感電源を使える環境であれば、CASコンピュータの取り外し作業はせずにOBD端子からデータ抽出し合鍵作成することもあります。

CAS2コンピュータのデータ抽出

スロットに鍵を差し込んでプッシュスタートでエンジン始動するタイプはCAS2かCAS3となります。どちらかというとCAS3の方がデータ抽出は楽でCAS2は基盤の表と裏に配線をくっつけなきゃいけません。でも一番触っている基盤となりますので作業は少々面倒臭くとも慣れた作業なので心は穏やかです。

電子キー生成

抽出したデータをみるとお客様の車には現在3本の鍵が登録されております。

次にもしディーラーさんで鍵を手配した場合は届くのは4番レーンの鍵となります。なのでスペアキーを作成するにあたり4番レーンを使ってしまうとディーラーさんから取り寄せた鍵ではエンジンがかからなくなってしまいますので弊社はディーラーの鍵と喧嘩しないように10番レーンから順に登録をかけていきます。

今回は2個追加させて頂きましたので、9番レーンと10番レーンに登録させて頂きました。

動作確認

コンピュータマシンで削ったメカニカルキーでドア鍵の施解錠のチェックを行い、新たに生成した9番レーンと10番レーンの電子キーをスロットに差し込みプッシュスタートでエンジン始動のチェック。

無事に2個とも登録完了です👌

最後に純正キーでの動作チェックも行い無事任務完了です🙆‍♂️

全紛失による鍵作成も対応可

今回の作業はスペアキー作成でしたが鍵が1本もない状態の全紛失による鍵作成も対応しております。リモコンキータイプの5シリーズも電子キータイプの5シリーズもどちらも鍵作成した実績がありますのでご安心下さい。なおF07、F10、F11の紛失作成も対応可能ですので緊急の際はお任せ下さい♪

作業時間と料金は?

作業時間はOBDからのプログラミングをするよりは時間がかかってしまいますが…

◉作業時間 : 50〜60分

合鍵作成、紛失鍵作成の料金は

◉合鍵作成料金 : 30000円+税

メカニカルキー作成はセット料金です

◉紛失作成料金 : 60000円+税

※メカニカルキー作成は+10000円+税

となります。

 

この度はご依頼頂きありがとうございました。

BMWの鍵トラブルによる鍵開けや鍵作成

イモビライザー、電子キーはS.L.A.T.お任せ!

 

株式会社S.L.A.T.

0120-4649-69